さらに、シートベルトの着用警報装置評価で8点満点となったのは、インプレッサ/XVだけという優れた評価だ。

「エェー、いったいなにが起こったの!?」。東京・有楽町にある東京国際フォーラムの広場に、車体の正面や側面がグッチャグチャに破壊された事故車がズラリと並んだものだから、さあ大変。近所のサラリーマンのお父さんやOLさんたち、また銀座にお買い物に向かうマダムたちは目を丸くした。

中韓の車はどうだろうか?
テストの方式で仕方ないんだけど、軽い車の方が圧倒的に有利なのよね。対歩行者は実際の事故でもそうだからいいんだけど、衝突は相手の重さが衝撃として加わるわけなので、自重での衝突だけで判断する今の方式はどうかと思うわ。現況ではスバル車の安全性は他社より一歩ぬきんでているかもスバル以外も頑張れ!こういうのやると「車がかわいそう」「車の気持ちも考えて」とかってお花畑ちゃんがまた出てくるんだろうね運ぶの大変だったろうな
生まれてきてすぐ壊されて…こういう車も存在するわけね…合掌…こういった車があって、何十万台の車の安全性が示されるんだよな。
車乗ってて怖い瞬間ってのは、渋滞した高速道路で最後尾で停車した時。後ろから大型トラックが迫ってくる時なんか、いつもちゃんと止まってねと願う。前よりも後ろからの衝突性能大切です。死ぬ時は後ろから。我々のために犠牲になってくれた車があるのだから、今乗っている車は大切に乗った行きたいですね写真のインプレッサは見事なオフセット衝突。・・・で、きちんとドアがあくくらいキャビンは保護されてるね。