」と書き込み、カーン市長を批判した。

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は4日、ロンドンでのテロ事件を受け、ツイッターに「テロ攻撃で少なくとも7人が死亡、48人が負傷したというのに、ロンドン市長は『怖がる理由はない』と言っている!」と書き込み、カーン市長を批判した。

確かに、世界で一番安全なグローバルシティーだって言っていたものな。ちょっと的外れ感はあるな。神の名のもと平然と人殺しをするイスラム
結局宗教って何なんだろって思います。生きる為に創造上の神にすがるハズなのに殺しあってたら意味がないと思うんですけど。民主主義の弱点をカバーするには正当な防御しかない、警察官を増やしたり軍隊を強固にする以外ないだろう。何よりブルタニアのアーサー王の出現が望まれる...@!
イスラム教もキリスト教もそれを信じる人がやばいやつなら、同じことだろうな。トランプさんは、法王に睨まれてる可能性があるぞ。人類の危険人物として。EU脱退の英国でロンドン市長がイスラム教徒なんですね、ボリスの次がこうなっていたとはw間違っちゃいないんだがお前が言うな感満載次の市長選挙は、落選決定!
イスラム教徒の市長、立場はすごい微妙だろうな。移民で溢れかえるロンドン、一体、誰が選んだかも気になる。アメリカでテロが起きたらトランプさんは「イスラム教徒は危険だ!見かけたら警戒しろ!」って言って、その結果イスラム教徒大虐殺の引き金を弾くわけですね。