当たり前ですが、1万9800円のスーツは「それなり」です。

スーツはおしゃれの道具ではなく、ビジネスツール。どんなに流行っていようと、どんなに似合っていようと、ビジネスシーンにふさわしい格好でなければNGだと、イメージコンサルタントの石徹白未亜氏は言う。だが現実には、残念なスーツ姿の男性が珍しくない。

服の値段も1つの要素だとは思うが、ビジネスマンの評価ってのはそれだけじゃなく、というかそれよりも、純粋に外見の良し悪し、全体的な着こなし、分相応さ、清潔感、立ち居振る舞い、醸し出す雰囲気、知性などを含めた総合点で決まると思う例えば、ヒラ社員が高い服着てても違和感あるし、汚いおっさんが高い服着てても汚さは変わらない着れば分かる、って裸の王様じゃないんだから、何故綿がポリより良いのかちゃんと説明して欲しい。夏はポリの方が涼しく感じるんだけど・・
値段の違いは生地の価格と縫製技術で決まります。既製品でもイタリア生地の方が華やかに見えると思う。値段も大事だけどスーツもシャツもサイズ感が大事。着心地とか素材感にこだわるお洒落ができる余裕が無い世知辛い時代
値段より、着こなしいくら高いスーツ着ててもヨレヨレでは、それこそ9800円のスーツにも負ける逆にキチッと着こなしてれば2、3万アップして見られる要はトータルのコーディネート綿100の形態安定はいいものだ。光沢、風合いもいいしシワもなんとか伸びる。しかしコナカの5000円くらいで売ってるやつはダメだ。高いのは違うのかもしれんがすっごいゴワゴワする。