上場企業で相談役の存在が注目されているわね。

 上場企業で相談役の存在が注目されているわね。肩書として耳にしたことはあるけれど、実際、会社でどんな役割を果たしているのかな。なぜ今、問題になっているの。企業の相談役について、深沢郁子さん(44)と島田美奈さん(48)が小平龍四郎編集委員に話を聞いた。

仕事をしなくても報酬のあるポジション。
東芝問題について損害額ばかりが取り上げられているが、それよりも問題なのはここまで損害額が膨らむまで関係者の誰一人気付かなかったこと、そして今でも事件の全容が掴めていないことである。こんな粗末な情報力で「原発ルネッサンス」などと騒ぎ、国策で原発海外事業を推進した政府とりわけ経産省の責任は大きい。他の海外原発事業でも同様の事態が起きているのではと疑う想像力すらないのだから唖然する他ない。 実際、世界では脱原発が進んでおり、原発を継続する場合でも安全基準は大きく引き上げられている。むしろ事故当事国でありながら老朽原発の再稼働を急ぐ日本の対応の方が異常なのだ。第二の東芝が生まれる前に海外原発事業からは即撤退すべきだ。名誉職に報酬出せるほど生産性高くないでしょ。そんな体制を続けてるから国際社会で勝てなくなったのでは?トップが迅速な判断する企業じゃないと競争出来ないと思う…
組織がピラミッド構造から台形構造に様変わり。給与総額からいったら逆三角形に近いかもね。