著書『フェイクニュースの見分け方』を刊行したばかりのフリー記者、烏賀陽弘道氏はこう述べる。

 加計学園問題を巡っては、新聞やテレビの論調と、ネットでの論調にはかなりの温度差がある。ごく大雑把に言ってしまえば、前者、旧メディア側は「怪しい」「総理の意向が働いた」という論調が主流なのに対して、後者の側には「怪しいのは文科省」「反安倍勢力の仕掛けたフェイクニュースだ」という論調も目立つ。

日本の旧メディアの実態があぶりだされたという面ではおおきな意味があった。いかに特定のマスコミが偏向しているのかがわかった人が多いのではないだろうか。これからは朝日、毎日新聞、TBS、NHKまでも頭から信用するひとが少なくなったと思う。週刊誌が週刊誌を否定しているとこもあり、なかなか面白いですねそれはともかく、旧メディアが「報道しない自由」を貫いているので、どうしようもないですね
少なくとも、日本のマスコミは安倍おろしありきの偏向報道だらけであることが今回の一連の報道でよくわかった。もう、ちょっと信じられない。放送法違反であることは明白である。とくにTBSとテレビ朝日。
小野寺さんと青山さんの答弁を見れば答えは自ずとわかるはず。上記二名の答弁を流さないマスコミにはうんざりし、益益信用できなくなりました。報道番組はスポーツのダイジェストしか見なくなりましたね。加計学園問題でますます民進党が嫌いになりました。質問者の顔がロクデナシの顔にしか見えない。あんなの単なるチンピラですやん。
安倍総理と加計氏の関係から疑惑が生まれるというのは理解できるただ真っ向から意見が対立する事なのに安倍側にとって報道して欲しい質問や応答などをほとんど報道しないマスコミの報道姿勢はマスコミの信用を大きく下げる報道姿勢だと思う本来なら様々な主張を報道して国民の判断材料を増やすべきマスコミが勝手に疑惑の筋書きを決めているという印象を受ける疑惑の解明を一番阻害しているのはマスコミだと思う