その競技とは剣道です。

平成24年4月から全国の中学校で武道が完全必修化されました。ほとんどの皆さんは柔道・剣道・相撲のいずれかに励んでいることだと思います。今回はその中の剣道で定められているルールから、武道が大切にしているものについて学んでみましょう。

剣道ではないが、白鵬が懸賞金を受け取った後、腕を振るアクションが、品が無くて見苦しい。礼節以外に「残心」の観点からもガッツポーズはナシだと思う。
子供の頃に剣道を習っていて良かったとつくづく思う大人になってもちょっとした所作に現れてると思う本格的に剣道やってた人って姿勢から所作でなんとなく分かるもんだよね
剣道に限らず弓道もそうです。柔道や相撲もそうであったが、柔道はJUDOになる事によって道着の色が変わり握手が加わり、感情表現に寛大になった。相撲も外国人力士により徐々に感情表現が豊かになって来ている。変化に賛否は有ると思うが、願わくば剣道はオリンピック競技等の野心を抱かず粛々と伝統を堅持して欲しい。青い剣道着は見たくない…打って反省、打たれて感謝
千葉県の森田健作知事は若い頃テレビドラマで高校の剣道部の主将を演じて大人気となって、私生活でも剣道をやっていて二段だと言っていたが実は正式な免状は持ってなくて、剣道の師範から「だいたい二段の実力だ」と言われただけだったと判明した。これは政治家の経歴詐称になるのかな?