安倍政権は瀬戸際で踏みとどまったかのように見える。

 8月3日の内閣改造によって、凋落する一方だった支持率が5~10%ほど回復。安倍政権は瀬戸際で踏みとどまったかのように見える。だが、衆院の任期も残り1年あまりで、来年9月には自民党総裁選も予定されている。

そもそも一億総活躍とか人づくり革命とか、どう考えても戦前のスローガンじゃん。これだけ価値観が多様化している現代に国民一同力を合わせて国難に立ち向かいましょう!なんて気持ちが悪すぎる。
安倍が総理になって成し遂げたい事は、「「憲法改正」を成し遂げる事!今まで森友、加計、自衛隊日報問題で支持率が低下して民意を得られないから、「人づくり革命」などと新しい看板を上げたが、中身は同じで安倍を取り巻く者は以前と変わらず、国民に猫だましをしてる。憲法9条に自衛隊の存在を明記したところで、それ自体の存続と自衛力が昨今の少子高齢化で維持できるかの方が問題で、将来国を守るための人材確保はどうなるのか?義務教育の上まで無償化して「ぬるい人材を育成」して将来の日本に希望が持てるか?どんな人を作るつもり?人を作るって、洗脳じゃないよね?年金75歳〜とか考えたり景気回復って出来てないままだしいい加減、安倍しかいないって考え、変えてくれないかな
口先だけで何も実現しない。もう飽き飽き。大手、富裕層が恩恵を受けるアベ政治に乗ってはいけない。