赤崎耕二校長は「再発防止に努めたい」とコメントした。

 岐阜県美濃加茂市の私立美濃加茂高校で、硬式野球部員の2年の男子生徒(16)が部活動中、練習として100メートル走を100本以上、走らされて重度の熱中症で倒れ、集中治療室で治療を受けるなどして1週間、入院していたことがわかった。

自分は、やったことあるのか?聞きたいね。倒れた時の対処法、知らないで、部活指導はどうかと思うけど。人の命はな、親から授かってんだよ。他人様の命を粗末に扱うな男性監督に懲戒免職
普通ならクビだろうね昔の教師はそれ以上厳しい人達が多かった100本も走らせる前にフラフラで今にも倒れそうな様子は素人が見てもわかったはず。日常生活でさえ、熱中症対策などが呼び掛けられている中、100メートル100本なんてあり得ない。
自分の時代は水なしスパルタ当然だった。死人が出なかった事も不思議だったが今は昔と暑さが違いすぎる……それに鉄拳制裁されても上手くはならない。野球部は部員もコーチも変なのが多いいねまず指導者が100本走の見本を見せなきゃ。これは体罰を超えているのでは。監督が責任者なのに厳重注意っておかしいよね。二人と懲戒免職で
ちょっと前の時代にはよくあったトレーニング。強い部活ならやったでしょ。でもね、今の時代、水分補給はきちんとしろとアドバイスするのが普通。熱中症って、急にストンと倒れたりするから気をつけないとね。