この結果を受け、エジルが自身のSNSで謝罪をした。

 アーセナルに所属しているドイツ代表MFメスト・エジルが、自身の公式インスタグラムでアーセナルファンに謝罪をした。27日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。 アーセナルは、27日に行われたプレミアリーグ第3節で、リヴァプールと対戦。

エジルは偉いわ、ヘラヘラ笑ってるサンチェスとは違って。あの態度の選手をなぜ残すんだヴェンゲルああいう空気はチームに広がるし、サンチェス売らないとエジルを失うことにも繋がりかねないぞ。エジルかっこいい。
正直トラリク出して、ちゃんと生かしてくれて、ビックタイトル争えるクラブにいったほうがいいと思うぞ。なんとか立て直そうとする気概は男らしくてかっこいいけど、10年変わらなかったアーセナルをエジル一人では変えられない。かといって何人も選手入れ替えないといけないのに、お金の節約で補強には鈍いし。エジルのこの姿勢は好感が持てるエジルのアーセナル愛は本物だしサンチェスなんかよりこういう選手を残すべきだと思うぞ。
エジルは人気があるけど、昔からフルシーズン好調だったのを見たことがない。計算しにくい戦力よりも出たらあんていして仕事をしてくれるカソルラの方が頼りになる。
確かにエジルは消えてたけど、この試合に限ってはエジルに責任はない。ポジションを放棄して上がりまくったり適当な守備で交わされまくったラムジーのせいでエジルはバランスを取るために下がって守備せざるを得なくなっていたし、前線でもウェルベックの何をしたいのかわからないプレーとキープ力・基礎的能力の欠如のせいでほとんどボールが収まるることがなかった。そもそもは、相性最悪のツーボランチを起用したり、ウェルベックとは完全にレベルが違うのにラカゼット・ジルーをスタメンで使わなかったヴェンゲルに原因の一端がある。他の選手があのザマなのにもかかわらず未だに責任をなすりつけられ矢面に立たされ続けるエジルが可哀想でならない。