中日選手のランニング本塁打は、2006年8月4日のヤクルト戦(神宮)で福留孝介(現阪神)が放って以来だ。

◆中日―DeNA(30日・ナゴヤドーム) 中日の高橋周平内野手(23)が自身初、開場21年目のナゴヤドームでも公式戦初のランニング本塁打をマークした。【写真】前日は荒木が跳んだ!“神ヘッド”で逆転勝ち 1―5の7回、福田の14号ソロで3点差に迫った1死無走者だった。

その必死さを、まずはシーズン終了まで。そうすれば、きっと来年は良いシーズンになると思う。調子良さそうですね負けてるけど周平、福田、京田の若ドラ3人がホームランやし今日はそれで満足しときますわ
あのランニングホームランでチームが乗るかと思ったが甘くなかった。セ・リーグで今最もモチベーションの上がらないドラゴンズだが、ファンは応援してるしジャイアンツに追い付くように試合してくれ。周平くん今年中になにかつかんでください!中日ファンはなんだかんだ君がでてくると期待してしまうんだよ。野手が盛り上げても、先発がとことんダメ。
一塁まわったところから加速して全速力で三塁けってダイブだからな。荒木の心がみんなに伝染していってるような気がした。祖父江といい、なんか中日の選手に闘争心が宿ったかもしれない。でも怪我はしないでくれよ。心は熱く、頭はクールに頑張って行ってくれ。負けたとはいえ、すがすがしい野球を見せてもらった。良かった、周平。周平のヘッスラ、昨日の荒木のヘッスラ。ん〜、荒木の走塁はやっぱすごいな。