わずか4年で液晶テレビの半分が4Kになった。

 シャープは世界初の8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K LC-70X500」を12月1日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は100万円前後。8Kの高精細液晶パネルを世界で初めて民生用液晶テレビに採用したAQUOSシリーズ最上位機種となり、「究極のリアリズムを追求した」という。

8Kってものすごく期待してしまうけど、放送局側がそれに対応出来てないと思う。BSとかでBリーグの試合やってて切り替わった時に画像の悪さに腹が立った。4Kも普及してないのにちょっと早いでしょww
ホンハイはほんと積極的だね〜。それより映画の暗いシーンがきちんと映るテレビを作ってくれまた富裕層のYouTuberが、仕組みもわからず買いそう。意味も分からず「うわー綺麗!綺麗!」とかテレビ放送見ながら言うな。
ハードの方ばかり先走りして、ソフトが追いついていない。4Kテレビ買ったけど、4K放送してないから価格の安いフルハイビジョンテレビ買えば良かったと後悔してるのに。4K8Kで何を見るんだ?衛星使わないと見れない事をちゃんと説明するべき!地デジで見れると思ってる人が多い。宣伝だらけ、自主規制だらけのテレビは全く見なくなった。
昭和特撮作品が超高画質で観られるならいつか買いたい
量販店のテレビ売場って、昔は実際のテレビ放送を映していたけど、最近は世界遺産とか花の接写とかPR 専用の映像ばかり。それで画像の良さをアピールしたいのは分かるけど、実際に購入してテレビつけたら、北の黒電話将軍とか、せこい政治家が出ている訳で。今のフルハイビジョンで十分です。