LHS 1140bの場合、主星の光が明るく、軌道周期はわずか25日で、惑星が地球からほぼ真横から見える位置にある。

【AFP=時事】天文学者チームが19日、地球から40光年先で、近くにある恒星を公転している太陽系外惑星スーパーアース(Super Earth、巨大地球型惑星)を発見したと発表した。太陽系外の生命体を探索するための観測ターゲットとして最も期待される惑星だという。

イスカンダルよりは近いな地球があるから当たり前なんだけど、宇宙にある物質と現象を混ぜ混ぜすれば、生命が誕生するんだよな。生命の起源で検索しても哲学的な話しか出て来ない。すごくよく効く殺虫剤。
ハビタブルゾーンと一緒?人類は井の中の蛙中の蛙なんだろうなぁ水も生物も宇宙では当たり前の存在なんだろうな冬眠できる方法とかワープ航法を開発しないと人類はこんな近所でも到達できないね。
光速で確認にしにいっても80年後ですか。近そうで気の遠くなる遠さですね。何光年も離れていると、そこに着くまでに環境が変化している。もしその星に移住するにしても、気象条件なども変化しているのではないか。地球も「氷河期」「隕石衝突」などが起きている。
そこには、どんな地球外生命体がいるのでしょうかね?原始的な生物どまり? 地球でいう恐竜に匹敵する生物まで存在? それとも、知的生命体まで存在?なんだかワクワクする話ですね。
これだけ広い宇宙なんだからどこかに生命はいるさというか宇宙人がどこからやってくるか知らないけど、宇宙人のいる星は技術力が凄いんだろうねだってUFOなんて高度な乗り物を乗り回してるんだから物凄いスピードで飛んだり機体ごと消えてテレポートしたり、機体を分離できたりするんだから向こうの技術力は凄いね地球の技術力なんて屁だよ

ファクトチェックはその対策の1つになる。

 米Googleは4月7日(現地時間)、Google検索の結果およびGoogleニュースで、コンテンツの「ファクトチェック」(事実確認)ラベル表示を開始したと発表した。昨年10月に英国など一部の国で開始したものを、同日から日本を含む世界で実施する。

南京事件や慰安婦問題を検索してみれば、ファクトチェックが正しいかどうかがわかるね。
google map何度もオーナー住所訂正してもなおらないamazonの番号訂正の誤メールと同様何度直しても訂正しないgoogle mapヤマトが指定時間配達できない原因大切なのはfact(事実)ではなく、truth(真実)だろう。過去の誤情報は消してほしいね朝日新聞に必要ですね一部の事実をつなぎ合わせて嘘を言うのがマスコミの仕事。
ファクトチェックの診断が正しいかどうかも検証しなきゃね歴史関連はこれでまたもめそうやねwGoogleはそれでpv稼げれば良いのか(納得)
キュレーションサイトの問題もあったから、病気とか成分の効果(トクホも)にまで及ぶとしたら、今は虚偽の論文や研究すらあるから、誰にも「ほぼ正しい」なんて判断は出来ないよな。逆に誤りと断定する事も無理ではなかろうか。ファクトチェックする側が権力持つことになりそう。正しいけど本人は否定しているとか、正しいけどプライバシー侵害の場合はどう表示される?

 守安氏は、今回の問題の本質を3点に集約した。

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は3月13日、同社のキュレーションサービスに関する一連の問題を受け、12月に設置した第三者委員会による調査報告書を受領した。あわせて、第三者委員会およびDeNAによる記者会見が開かれた。

この会社はなりたい姿が見えない。スポーツやCODEや自動運転など期待をもたせる面もあるのに、安易なカネ集めから抜け出せないのはなんでかな。どこが反省してんの?反省の色ゼロ
南場も堀江も三木谷も時代に乗っただけで所詮はクズ 器じゃない 本人達が一番よく分かってる
>こうした教訓を踏まえ、定期的に法務担当者による法務研究を実施するなど、今では人事部や法務部などのコーポレート部門とともに継続的な法令順守に取り組んでいるという。↑順守と言うより、「法の抜け穴探し」でしょ?今更、何言ってんの?口では何とでも言える、言うだけ番長、楽天といい、ここといい、いわゆる成り上がりベンチャーは歴史がないぶん信用できん、調子がいい奴等、乗った奴等。
10年以上前から言われてたのに反省なんかしてなかっただろう。今回社会的な問題になって、これ以上叩かれたくないから反省してるフリをしてるだけ。
金儲けは会社なんだから大前提中の大前提。儲けるのが駄目なんじゃなくて、儲け方に問題があり過ぎるのが問題なんだ。他人のふんどしで他人の土俵に立って、他人の食い扶持を食い散らかすのをやめろと言ってるわけで、姑息で違法すれすれな商売やってるから批判される。そのことを分かってんのか?